金額の安いリフォームには何か裏がある。

祖父母が板橋区に建てた家をリフォームすることになりました。
キッチン、トイレ、土壁部分、お風呂、洗面台のリフォームをしました。

私の祖父母が使っていた家で、お風呂は昔の五右衛門風呂のようなもので、コンクリートが敷き詰められていました。

そのコンクリートなどの処分を、うちの庭を深く掘って埋められていたのが、リフォーム代金を支払った後になって判明して、処分を再度したくても個人事業主で逃げられてしまい困ってしまいました。

お風呂のリフォームなどからでたコンクリートの残骸やちょっとした部品などを、庭に処分されてしまった私は、まず、個人事業主であった方の名刺をもとに電話しましたが連絡は取れず、そして、個人事業主を紹介してくれた事業所にも連絡しましたが、全然関わってもらえず泣き寝入りでした。

この個人事業主は、他にも負債を抱えていたようで夜逃げをしたとのことで、自分たちで処分しました。リフォームの金額は安くやってもらったのですが、結局高いようなリフォームになってしまいました。

安いリフォームの裏には何かあるかもしれないので、リフォームの途中に点検したり、どのような作業をしているかチェックしたほうがいいと思います。